おすすめの電子マネー「WebMoney」の種類やメリット・デメリット、注意点を解説。

今となっては決済方法としてメジャーになっているプリペイド型の電子マネー。

皆さまはどんな種類の電子マネーをお使いでしょうか?

電子マネーは財布を持ち歩くことなくスマートに支払いができ、残高・利用明細を手軽にデジタル管理ができる為、とても便利ですよね。

今回紹介する「WebMoney」という電子マネーは非常にシンプルで、磁気カード・ICカードの様なメディア・ハードウェア等を準備することなく、手軽に電子決済を利用することもできます。

今回は、そんな「WebMoney」のメリット・デメリットを解説していきます。


「WebMoney」とは

WebMoney

「WebMoney(ウェブマネー)」とは株式会社ウェブマネーが発行を行っている電子マネーです。

WebMoneyは「1POINT=1円」として、WebMoney加盟店で利用でき、現金と同様、個人情報の登録が不要で、有効期限なしの電子マネーになります。

全国のコンビニエンスストア・ドラックストアなど、様々なお店で誰でも購入可能です。

ネット決済に特化している為、楽天Edy・nanacoといった電子マネーに比べ、あまり有名ではないものの、サービスを運営している株式会社ウェブマネーは、auでおなじみのKDDIの子会社になります。

信用ある会社が提供しているため、まだ利用したことが無い方も安心して利用できる電子マネーです。


WebMoneyのメリット


ネット決済に特化した電子マネーで、ゲームから電子書籍まで色々な用途に

WebMoneyは主にネットで利用できる電子マネーです。

ネット用の電子マネーと言えば、Amazonギフト券・iTunesギフトカード等が有名ですが、これらの電子マネーと違い、特定のサイト専用の電子マネーではない上、使用できるサイト数は国内最大級です。

その為、様々なサイト・ゲームの課金、音楽・動画・電子書籍のダウンロード、ネットショッピング等、色々なシーンで利用できます。


誰でも使用でき、個人情報の登録が不要

ネットで支払いをする際に、クレジットカードを使う方も多いと思います。

しかし、クレジットカードの場合、18歳以上が対象で、カードの発行に審査が必要です。

それに対し、WebMoneyは、個人情報の登録や審査も必要なく、子どもから大人まで誰でも利用できます。


事前にチャージして使用

WebMoneyは、事前にチャージ(入金)して利用する電子マネーになります。

種類により、クレジットカードからもチャージが可能です。


簡単に買える

WebMoneyは全国のコンビニで販売しています。

ネットから購入することもでき、手続きも簡単です。


有効期限なし

WebMoneyには有効期限がありません。

その為、慌てて使い切る必要はなく、うっかり忘れても大丈夫です。


WebMoneyのデメリット・注意点


紛失しても再発行されない

ウェブマネーは紛失・盗難に注意する必要があります。

クレジットカードやプリペイドカード等と異なり、購入時に身分証明書などの提出が不要です。

その為、盗まれた場合、所有者を特定することはできず、紛失したマネーの再発行などはありません。


ネットでしか利用できない

上述の通り、WebMoneyは主にネットで利用できる電子マネーです。

様々なサイト・ゲームの課金、音楽・動画・電子書籍のダウンロード、ネットショッピング等、色々なシーンで利用できます。

一方、コンビニ・スーパー等の実店舗では使用できません。

後述する「WebMoneyプリペイドカード」は国際ブランドである「Mastercard」がついている為、実店舗でも使用可能ですが、それ以外はネットでしか使用できません。

この点、注意しましょう。


WebMoneyの種類

WebMoneyは種類が豊富で、その中でも「WebMoneyプリペイドカード」は、チャージをすれば繰り返し利用できる為、オンラインゲーム・ネットショッピングを日常的に利用している方にオススメです。

以下、WebMoney種類と機能一覧になります。

シートタイプWebMoneyギフトカードWebMoneyプリペイドカードau PAYプリペイドカード特定加盟店専用タイプ
使い切り
登録不要
コンビニで買える
1円単位で購入
オンラインで使える
リアル店舗で使える
チャージ可能
1円単位でチャージ可能
オンラインチャージ
ポイント有効期限なし
ポイント有効期限あり


シートタイプ

「チケット」や「バウチャー」と呼ばれるレシート型のWebMoney。

コンビニ内などに設置してある「マルチメディア端末」で発行します。

購入後、店員さんに渡されるレシートに16桁の「プリペイド番号」と「販売金額」が記載されており、残高が0になるまで何度でも利用が可能です。

店舗により異なりますが、1000円または2000円からの販売で、3000円・5000円・1万円といった具合に、購入金額が決まっています。

シートは1枚ごとの使い切りで、「シートの残高」はWebMoneyのWebサイトの「残高照会」から確認可能です。

ポイントに有効期限はなく登録不要で買える為、最も手軽に扱えるWebMoneyと言えます。


ギフトカード

「WebMoneyギフトカード」は、Amazonギフト券やGoogle Playカードのように、店頭でカードが販売されています。

コンビニの他、マツモトキヨシ・ツルハドラッグ・ウエルシア・イトーヨーカドー等でも手に入り、友人にプレゼントしたいときにも重宝するでしょう。

1500円~5万円の間で自由に購入金額が指定できる「バリアブルタイプ」もあり、その場合、カードをレジに持って行き、希望の金額を伝えます。

オンラインで利用する際はカード裏面の銀色部分をコインで削り、16桁のプリペイド番号を表示させ、その番号を入力することで使用可能です。

それ以外は、基本的に「シートタイプ」同様で、1回ごとの使い切りで、残高が0になるまで繰り返し使えます。


プリペイドカードは「WebMoneyプリペイドカード」と「au PAY プリペイドカード」の2種

WebMoneyには、1枚のカードに何度もチャージして使える「プリペイドカード」もあります。

「WebMoneyプリペイドカード」と「au PAY プリペイドカード」の2タイプがあり、どちらもアプリ・Web上での申し込みが必要です。

なお、審査不要・発行手数料無料・年会費無料になります。

プリペイドカードには、クレジットカードの国際ブランド「Mastercard」が付帯しており、残高がある限り、Mastercardに加盟する実店舗でも使えます。

なお、ポイントはカードの有効期限が切れると失効する為、カードの更新手続きを忘れないようにしましょう。


特定加盟店専用タイプ

「特定加盟店専用タイプ」は、利用できるサイトが限定されているWebMoneyです。

ゲーム・音楽の配信サイトで使えるものが中心で、「TSUTAYA オンラインゲーム専用WebMoney」や「Steamプリペイドカード」、moraでの音楽のダウンロードに使う「WebMoney for mora」等があります。

「Steamプリペイドカード」はギフトカードタイプですが、その他はコンビニのマルチメディア端末で発行できるシートタイプです。

購入時は「商品名」をしっかり確認し、買い間違いのないように注意しましょう。


WebMoneyが買える場所

コンビニの他、クレジットカード・ネットバンキングを利用してオンラインでも購入可能です。

以下、購入できる場所・方法の一部になります。(2020年10月9日現在)

購入できる場所・方法企業名・利用できるクレジットカード・銀行など
コンビニセブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ
デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ、NEWDAYS
コミュニティ・ストア、ハマナスクラブ
クレジットカードでネット購入全てのMastercard、全てのAMERICAN EXPRESS、クレディセゾンVISA・JCB、
UC発行のVISA、au PAY カード、エポスカード、三菱UFJニコス発行のMUFGカード
DCカード、NICOSカードのVISA
ネットバンキングで購入三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、じぶん銀行
ジャパンネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行
その他、地方銀行・信用金庫・労働金庫など、1,000行以上に対応。
その他のお店で買うauショップ、ツルハドラッグ、ゲオ、ウエルシア薬局
コスモス薬品、マツモトキヨシ、イオン、快活CLUB
イトーヨーカドー、アピタ・ピアゴ、平和堂、自遊空間
コジマ、アニメイト、古本市場/ブック・スクウェア
サンエー、関西スーパー、ソフマップ、ビックカメラ
PCデポ、ドスパラ、HMV、スマートラボ、TSUKUMO

「シートタイプ」を購入する場合、コンビニに行き、店頭に置いてある端末でWebMoneyを選択肢し、申込券を発行します。
その後、レジで申込券を渡して料金を支払い、WebMoneyのプリペイド番号が書かれた用紙を受け取ります。

また、「WebMoneyギフトカード」は、各店舗の「ギフトカードコーナー」等で購入できます。

ネットで買う場合、WebMoneyを貯めるためのウォレット(「ウェブマネーウォレット」)を作成します。
ウォレット内で購入方法(クレジットカード・ネットバンキング)を選び、簡単な手続きを行い、チャージ完了です。


WebMoneyの利用方法

WebMoneyの使い方はシンプルで、WebMoneyの支払い画面で、用紙・ギフトカードに記載された16桁のプリペイド番号を入力するだけです。


まとめ

「WebMoney」は、コンビニ等で購入できる、プリペイド型の電子マネーです。

オンラインゲーム、ゲームの課金、音楽配信サービス、音楽・動画・電子書籍のダウンロード、ネットショッピング等、色々なネット上のオンライン決済で利用できます。

また、「WebMoneyプリペイドカード」を発行すれば、リアル店舗をはじめとしたMastercard加盟店で支払うことも可能です。

便利な電子マネーサービスの中でも、個人情報の登録が不要で、幅広く利用でき、便利です。

以上、ご参考になれば幸いです。

ぜひ気軽に使ってみて下さいね。



関連記事


Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-