おすすめのプリペイドカード「WebMoneyプリペイドカード」のメリット・デメリットを解説

「WebMoneyプリペイドカード」は、「1POINT=1円」の価値があるインターネット専用のプリペイド型電子マネー「WebMoney」を、事前にチャージ(購入)した金額の範囲内で実店舗でも利用できるプリペイドカードです。

国際ブランド(MasterCard)付きプリペイドカードの為、飲食店やコンビニ等、世界210カ国以上に及ぶ約3810万のMasterCard加盟店で使用できます。

クレジットカードと異なり審査不要で誰でも申し込みができ、入会費・年会費も無料で便利です。

今回は、そんな「WebMoneyプリペイドカード」のメリット・デメリットを解説していきます。


「WebMoneyプリペイドカード」の概要

WebMoneyプリペイドカード
特徴・不正使用や偽造防止に強い国際セキュリティ基準である「EMV」仕様に準拠したICチップを搭載
・カード受け取り時に本人確認が必要
・カードの更新が可能
申込条件誰でも
※未成年者は親権者同意が必要
発送手数料無料
残高上限100万POINTまで
利用可能加盟店WebMoney加盟店/Mastercard加盟店
※一部店舗を除く
WebMoneyご利用上限残高の範囲内
Mastercardご利用上限残高の範囲内
カード有効期限カード発行より5年
カード更新あり
保有上限枚数1枚
本人確認あり
利用開始手続き不要


そもそも「WebMoney」とは?

「WebMoney(ウェブマネー)」とは株式会社ウェブマネーが発行を行っているインターネット専用の電子マネー。

全国のコンビニエンスストア・ドラックストア等で、誰でも購入可能できます。

「1POINT=1円」として、WebMoney加盟店で利用でき、個人情報の登録が不要で、有効期限なしの電子マネーです。

ネット決済に特化している為、楽天Edy・nanacoといった電子マネーに比べ、あまり有名ではありませんが、サービスを運営している株式会社ウェブマネーは、auでおなじみのKDDIの子会社になります。

その為、利用したことが無い方も安心して利用できる電子マネーです。


WebMoneyプリペイドカードとは

「WebMoneyプリペイドカード」は、「WebMoney」を国内・国外・ネットのMasterCardのマークがあるお店で使えるプリペイドカードです。

事前にチャージ(入金)した金額の範囲内で利用でき、支払い時は「WebMoney」として使うことも、「MasterCard」として使うこともできます。

クレジットカードと違い、審査不要で誰でも申し込みができ、入会費・年会費も無料です。


WebMoneyプリペイドカードの種類と仕様

「WebMoneyプリペイドカード」と「WebMoneyプリペイドカードLite」の2種類のカードが出ています。

カード名称WebMoneyプリペイドカードWebMoneプリペイドカードLite
特徴・カード受け取り時、本人確認が必要。
・カードの更新が可能。
・本人確認は不要。
・Mastercardとしての利用金額に上限あり。
申込条件誰でも申し込める
(未成年は親権者同意必要)
誰でも申し込める
還元率0.5%
発送手数料無料
年会費無料
残高上限100万POINTまで(100万円相当)
WebMoney利用上限残高の範囲内
Mastercardご利用上限残高の範囲内10万円/月
(保有するすべてのWebMoneyプリペイドカードLiteによる利用POINTの合算の値)
利用可能加盟店WebMoney加盟店・Mastercard加盟店(一部店舗を除く)
カード有効期限5年
チャージ方法セブン銀行ATM、auショップ、ローソン
自遊空間、インターネットバンキング
三菱UFJ銀行チャージ
セブン銀行ATM、auショップ、ローソン
自遊空間、クレジットカード
EMV式接触型ICチップ×
カード名義本人(ローマ字)WEBMONEY USER
本人確認ありなし
カード間の送金
(手数料無料)
(送金を行うには手続きが必要な場合あり)
×


WebMoneyプリペイドカードのメリット


利用できる店舗が多い

「WebMoneyプリペイドカード」は、Master Cardが使えるお店で使える為、使用できる店舗が多いです。

コンビニ・スーパー・百貨店・ファミリーレストラン等、クレジットカードが使える所では殆ど使用できます。


「WebMoney」が使用できないネットショップでも使用可能

店舗で使えるだけでなく、「WebMoney」が使えないネットショップでも使えます。

利用したいネットショップがWebMoney公式サイトに載っていない場合でも、Mastercardとして使用できる為、WebMoneyが使えないネットショップでも利用可能です。


チャージ方法が多い

セブン銀行ATM、auショップ、ローソン、自遊空間でチャージできます。

それに加え、「WebMoneyプリペイドカード」は、インターネットバンキング、三菱UFJ銀行チャージによるチャージが、「WebMoneyプリペイドカードLite」は、クレジットカードによるチャージが可能です。


チャージ方式なので使いすぎの心配がない

使いたい分だけチャージしておけば、プリペイド方式の為、思わず使い過ぎてしまうという心配はありません。


カードの有効期限が5年間と長い

1年しか有効期限がないプリペイドカードもある中、Webmoneyプリペイドカードの有効期限は5年間と長いです。

「使おうと思ったら有効期限が過ぎていた」ということも減りますね。


利用するとWebMoneyが貯まる

「WebMoneyプリペイドカード」の還元率は0.5%で、入会から3か月間だけは1%還元されます。

WebMoneyが還元される為、ポイントが貯まるというより、実質キャッシュバックに近いです。

ポイント交換などの手続きが必要なく、すぐにWebMoneyとして使えるので便利ですね。


ポイントの二重取り

クレジットカードからチャージすれば、そのチャージした分のクレジットカードのポイントと「WebMoneyプリペイドカード」のポイントで、二重取りが可能です。

MasterCard・セゾンVISA等からチャージでき、どのクレジットカードを使ってもポイントが付与されます。

さらに、「WebMoneyプリペイドカード」を使用すると、利用額の0.5%が還元される為、ポイントの二重取りができます。


誰でも手軽に持つことができる

審査もなく、年会費などもかからないので、気軽につくれます。

未成年でも保護者の同意があれば、作成可能です。

「チャージした分だけ使える」という方式なので予算管理に最適。

高級感があるゴールドカラーのデザインなのも、魅力的ですね。


WebMoneyプリペイドカードのデメリット・注意点


100万円を超える買い物は出来ない

WebMoneyプリペイドカードは100万ポイント(100万円分)しかチャージ出来ません。

「WebMoneyプリペイドカード」は、カード残高の分しか使用できない為、100万円以下の支払いでしか使えず、「WebMoneyプリペイドカードLite」の場合、月間の利用上限が10万円の為、この点は注意して下さい。


月額・継続契約の利用料金の支払いは不可

他のプリペイドカード同様、「公共料金」、「電話料金」、「インターネットプロバイダー利用料」、「新聞購読料(電子版含む)」、「保険料」等の月額・継続契約の利用料金の支払いは出来ません。


Mastercard加盟店で利用した際、ポイントの付与がない

Mastercard加盟店で利用した際はポイントが付きません。

WebMoney加盟店で使用した場合に、ポイントが付きます。

その為、ネットショッピング・サービスをよく利用する方はクレジットカードのチャージによるポイントと「WebMoneyプリペイドカード」利用によるポイントで貯めやすいですが、そうでない方はポイントを貯めるのが難しいかもしれません。


WebMoneyプリペイドカードのチャージ方法

店頭にて現金でチャージする際は、「ローソン」、「自遊空間」、「auショップ」、「セブン‐イレブン収納代行」でチャージができます。

それ以外に、「三菱UFJ銀行」、「インターネットバンキング」、「クレジットカード」によるチャージが可能です。


WebMoneyプリペイドカードの支払い方法

支払いは「Mastercard加盟店」と「WebMoney加盟店」で方法が変わります。

ネット(Mastercard加盟店)での支払いの場合、App Store、Google Play、Amazon等でMastercardとして利用する際は、支払い方法でクレジットカード(Mastercard)を選択し、持っているカードの表面に記載されている「Mastercard番号」「名前」「有効期限」から必要情報を入力します。

必要があればカード裏面の「セキュリティーコード」も入力します。

ただし、一部カードを利用できない店舗・サービスがあるので注意して下さい。

お店(Mastercard加盟店)での支払いの場合、通常のクレジットカード同様、カードを提示して利用します。

WebMoney加盟店で支払う場合、WebMoney支払い画面でのプリペイド番号の入力欄に、カード裏面の「プリペイド番号」を入力することで支払いが可能です。


WebMoneyプリペイドカードの作り方

アプリから申し込みます。申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 「WebMoneyウォレットアプリ」をダウンロードし、アプリから申し込み

  2. 通知書受取

  3. 自宅郵送または郵便局受け取り

  4. 本人確認書類提示

  5. カード受け取り

スマートフォンの申込画面に入力すれば、1週間程で手元に届きます。

発送手数料は無料です。


まとめ

「WebMoney」は、「1POINT=1円」の価値があるインターネット専用のプリペイド型電子マネーです。

「WebMoneyプリペイドカード」は、この「WebMoney」をWebMoney加盟店だけでなく、国内・国外・ネットのMasterCardのマークがあるお店でも使用できるプリペイドカードになります。

事前にチャージ(入金)した金額の範囲内で利用でき、支払い時は「WebMoney」として使うことも、「MasterCard」として使うこともできる為、利用できるお店は多いです。

また、クレジットカードと異なり審査不要で誰でも申し込みができ、入会費・年会費も無料になります。

WebMoney加盟店で支払うと還元率0.5%でポイントが付き、クレジットカードでチャージし、WebMoney加盟店で支払うことで、ポイントの二重取りも可能な上、チャージ方法も豊富です。

チャージ方式の為、使いたい分だけチャージしておけば、思わず使い過ぎてしまうという心配もありません。

未成年でも保護者の同意があれば、作成可能ですので、「クレジットカードを持てない方」、「未成年の方」、「ネットでよく支払いをする方」は利用を検討されてはいかがでしょうか。




-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-