株式投資とは?株式の仕組み、株式投資のメリット・デメリットについて解説。

株式投資とは、企業が新規事業・事業拡大など資金を得るために発行した株を、売買することをいいます。

企業の業績により、株価(株式の値段)は変動しますので、株価が安い時に購入し、高くなった時に売却して差額を儲けたり、一定の期間、株式を保有することで、配当金を得ることができます。

株と聞くと、難しい・リスクが大きいといったイメージを持つかもしれません。

もちろん、株価が変動するタイミングを予想するのは容易ではありません。

しかし、株式投資の仕組みをきちんと理解し、情報収集を行えば株式投資は誰でも行えます。

株式の仕組み、株式投資のメリット・デメリットについて、解説していきます。


株式の仕組み

株式投資

企業が新規事業・事業拡大などで、新たに資金が必要となった際、資金調達の手段として発行するものを株式と言います。

出資者(投資家)がお金を出して、企業が発行した株式を購入し、企業はそのお金で資金調達します。

出資者(投資家)側は、その株式を保有することにより、企業の利益の一部を「配当金」として貰えたり、企業の様々なサービスを得ることができる「株主優待」という形で利益を得ることができます。

株式の仕組み

そもそも、投資の目的は、出資をして利益を得ることですが、株式投資の場合、「利益が出そうなビジネスをやっている」、「将来性がある」という企業を探し、出資します。

出資をした人は「株主」となり、出資先の企業の事業で利益が出た場合、その利益の一部を「配当金」として受け取ることができます。

また、買った時の株価(出資額)より値上がりしたときに株式を売った場合、その差額分、利益を得ることができます。

これが株式投資の仕組みです。


株式投資のメリット


売却益(キャピタルゲイン)

売却益(キャピタルゲイン)とは、株価が値上がりし、購入時より高い値段で株を売却した場合の差額の利益のことです。

その反対に、株価が値下がりし,購入時より安い値段で株を売却した場合、その差額の分、損をすることになります。

なお、株価は、企業業績・景気・金利動向・政治動向・投資家の売買動向といった様々な影響を受けて変動します。

一般的に、 企業業績が好調な場合は株価は上昇し、その反対に、企業業績が悪化している場合には株価は下落します。


配当金(インカムゲイン)

配当金とは、会社が得た利益の一部を株主へ支払うものです。

配当が行われるのは、おおよそ年に1~2回で、平均的な配当は、2~3%程度になっています。


株主優待

株主優待とは、企業が株主に対して、独自商品・サービスを提供したりする制度のことです。

優待の内容については、株の保有数などにより異なります。


株式投資のデメリット


比較的高めの初期投資額

株式投資の場合、初期投資額が比較的高くなります。

投資信託であれば、ネット証券なら最低100円から購入でき、純金積立の場合、月々最低1,000円から始められます。

しかしながら、株式投資の場合、最低でも数万円程度の投資額が必要になり、多くの銘柄は10万円以上の投資額を用意しなければなりません。

もちろん、銘柄にもよりますが、投資信託・純金積立などと比較した場合、株式投資の初期投資額は高いです。

※補足:単元株
株式投資を始めるにあたり、必要な資金は購入する株価によって変わります。
加えて、購入の際、売買単位というものが銘柄ごとに決まっており、1株単位で購入できる銘柄もあれば100株単位、1000株単位でしか購入できない銘柄もあり、この売買単位のことを「単元株」といいます。
したがって、株式の最低購入金額は、「株価×1単元(最低購入株数)」となります。


狙い通りの売買が成立しないことがある

株式は証券取引所にて売買され、株価は常に変動しています。その為、狙い通りの売買が成立しないことがあります。

例えば、株価1,200円の株式を少しでも安く買いたいと思い、1,180円で買い注文を出したとしても、1,180円まで値下がりして注文が成立するとは限りません。

値下がりどころか、逆に1,250円まで値上がりして、「1,200円のときに買っておけばよかった」となる可能性も十分あります。

株式売買には数多くの投資家が参加しており、企業業績・経済ニュース等、株価の値動きは様々な出来事に影響を受けますので、株価を予想し、売買を成立させるのは容易ではありません。


投資初心者にとって比較的ハードルが高め

株式投資は初心者に比較的ハードルが高い投資になります。

東京証券取引所の市場第一部(通称:東証1部)だけでも、2,000以上の企業が上場しており、かつ、常に株価が変動しているからです。

「どの企業の株式を購入すればよいのか」を判断するには、売上高・当期純利益などの業績、自己資本比率などの財務体質、PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)といった投資指標の確認が必要です。

また、業界・政治の動向によっても株価は変動しますので、株式を購入・売却するタイミングを判断する為、経済関連のニュース・株価を確認することも重要です。

株式投資には、投資判断のために確認すべきことが数多くあり、取引に慣れていない投資初心者には比較的ハードルが高いと感じるかもしれません。


株式投資のリスク


株価変動リスク

株価は常に変動し、上手く売買できれば売却益が期待できますが、株式投資は元本が保証されるものではなく、取得時の価額よりも株価が値下がりすると、大きな損失を出す可能性もあります。

株式投資には株価変動リスクがあり、売却益が期待できる一方、株価が値下がりして損失を出す可能性もあることです。


信用リスク

信用リスクとは、企業が財政難・経営不振などを理由に、債務が履行できなくなる可能性があることを言います。

株式の購入は企業に出資をするということですが、万が一、株式を購入した企業が経営不振のために破綻した場合、株式の価値はなくなります。

そうなると、株式に投資したお金を取り戻せなくなり、投資資金を全て失うこともあります。

株式投資は特定企業の株式を購入する為、経営状況によっては投資資金を失う可能性があります。


流動性リスク

流動性リスクとは、売買が減って取引が成立せず、株式を売りたいときに売れない可能性があるということです。

例えば、株式を購入した企業で不祥事があり、売り注文ばかりで買い注文が入らないと取引が成立せずに、値がつかないことがあり、こういった場合、取得時の価額よりも圧倒的に低い株価で売らざるを得なくなり、多大な損失を出してしまう可能性がでてきます。

株式投資では、企業の状況により、売りたいときに売れない流動リスクがあります。


購入方法

企業は、資金を調達する為、株式を売買できる場である証券取引所で売り出しますが、これを「上場」と言います。

上場して株式市場に出回った株式は、企業から買うのではなく、「証券取引所」を介し、投資家同士で売り買いができます。

「もう、この株式はいらない」と考えた株主は「売り注文」を出し、その一方で、株式が欲しい人は「買い注文」を出します。

証券会社を仲介して出された、それぞれの注文は、証券取引所に集まります。

ただし、証券取引所に売りに出ている株式は数が限られているので、売りたい株式の数よりも、買いたい数が多い場合、株価は上がり、逆に、買いたい株式の数が少なく、売りたい数が多い場合は、株価は下がります。


まとめ

株式投資とは、企業が新規事業・事業拡大など資金を得るために発行した株を、売買することをいいます。

企業の業績などにより、株価は変動する為、安い時に購入し、高くなった時に売却することで差額を儲けることが可能です。

また、一定期間、株式を保有することで、企業の利益の一部を「配当金」として貰えたり、企業の様々なサービスを得ることができる「株主優待」を得ることができます。

初期投資額が比較的高めな上、株価が変動するタイミングを予想するのは容易ではなく、株価変動などのリスクがありますが、株式投資の仕組みをきちんと理解し、情報収集を行えば株式投資は誰でも行えます。

株式投資を始めるには、証券会社の口座開設が必要ですが、基本、口座開設費・維持費は無料です。

投資経験があり、株式投資に興味がある人、配当金や株主優待などの株式投資のメリットに魅力を感じる人は、株式投資を検討されてはいかがでしょうか。



Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-