おすすめのミステリー小説、「古典部」シリーズ第1弾「氷菓 The niece of time」を紹介。

おはようございます。こんにちは。そして、こんばんは。

今回は、私のおすすめの本を紹介します。


第1回目は、

「氷菓」米澤穂信 角川文庫

です。

概要

氷菓

アニメ化、実写映画化がされていますので、見たこと・読んだことはないけれども、名前を聞いたことがあるという人も多いのではないかと思います。

ちなみに、角川文庫の「カドフェス杯2016」において高校生が選んだ第1位になっています。

まずは、簡単なあらすじをご紹介。

いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。
あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして、『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。
何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。
さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ。

「氷菓」は、「古典部シリーズ」の第1作目で、ジャンルは、「ミステリー」になります。


おすすめポイント

読みやすい

とにもかくにも、読みやすいです。
この本は、連作短編集(※関連のある短編が連なって1つの長編が出来上がる小説のこと)の様な作りになっています。
「古典部の文集の名前がなぜ氷菓なのか?」というのが、本作における大きな謎であり、 主人公「折木奉太郎」を始めとする古典部のメンバーは、この謎に挑むのですが、 この謎を解明する過程でちょっとした不思議な事件(日常の謎)が3つ起こります。 (上記あらずじにもある、「いつのまにか密室になった教室」、「毎週必ず借り出される本」、「あるはずの文集をないと言い張る少年」のことです。)
その為、中だるみせずに楽しむことができます。

キャラクター達の軽快なやり取り

小説自体のテンポが良いのはもちろん、キャラクター達の軽快なやり取りも本作の魅力の一つです。
例えば、「学校の歴史をまとめた本が、毎週決まった時間に借りられて、返却される謎」の推理シーンにおいて、 以下のような古典部の会話があります。

「本を、読む以外に使うとしたら、どう使う?」
「重ねれば、浅漬けが漬かります」
「腕につければ、盾になるね」
「何冊か積めば、枕にいいかもね」
お前らにはもう訊かない。

地の文(会話以外の文)も、こういった調子で続き、ところどころクスッとさせられます。
地の文も楽しいので、退屈することなく、心地よいテンポで読み続けられます。

ほろ苦い青春ミステリ

本作は「青春」がより魅力的に描かれています。
ただし、本作での「青春」とは、爽やかな・キラキラしたものでは無く、 青春時代のせつなさ・やるせなさ等の部分が全面に描かれています。
「氷菓」という文集が、このお話の最大の要ですが、読み終わった後で、この題名の本当の意味を読者は知る事になります。
その真相は読者を、登場人物達を、なんともほろ苦い気分にさせます。
本作は、そんな「ほろ苦い」物語です。


まとめ

謎解きの内容は詰まっており、キャラクター達のやり取り・地の文も面白く、ページ数にして約200ページの為、とても読みやすいです。

本好き・読書好きの方はもちろん、小説を読んだことがない・本が苦手という方にも、楽しんで読んでもらえる本だと思います。

ちなみに、副題である「The niece of time」の意味は「時の姪」で、ジョセフィン・テイの推理小説「時の娘」(原題:The Daughter of Time)のタイトルをもじってつけられたそうな。

興味を持たれた方は、読んでみてはいかがでしょうか。

それでは。


補足:シリーズ続編

前述の通り、「氷菓」は「古典部シリーズ」の第1弾なので、続編があります。
こちらも併せて紹介します。


愚者のエンドロール

「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。
その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。
誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。
続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!
さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。
「BOOK」データベースより引用

シリーズ第2弾。
夏休みの古典部が舞台で、主人公「折木奉太郎」が途中までしか完成せず、続きのシナリオが”失われた”自主制作映画の前半だけを観て、その中から犯人や犯行トリックの謎解きをして後半のシナリオ・映画の結末を推理するという内容です。


クドリャフカの順番

待望の文化祭が始まった。
だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。
手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。
部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。
盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲―。
この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!目指すは文集の完売だ!!
盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。
大人気“古典部”シリーズ第3弾。
「BOOK」データベースより引用

シリーズ第3弾。
主人公らが通う神山高校の文化祭で発生した連続盗難事件「十文字事件」の解決に古典部が挑むというストーリーです。
全3日間の出来事が時系列順に語られていくのですが、過去2作品が主人公である奉太郎の語りのみだったのに対して、今作は古典部4人が語り手となり、それぞれの視点からストーリーが展開されていきます。


遠まわりする雛

省エネをモットーとする折木奉太郎は“古典部”部員・千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛まつり」へ参加する。
十二単をまとった「生き雛」が町を練り歩くという祭りだが、連絡の手違いで開催が危ぶまれる事態に。
千反田の機転で祭事は無事に執り行われたが、その「手違い」が気になる彼女は奉太郎とともに真相を推理する―。
あざやかな謎と春に揺れる心がまぶしい表題作ほか“古典部”を過ぎゆく1年を描いた全7編。
「BOOK」データベースより引用

シリーズ第4弾は、古典部の1年間を描いたシリーズ初の短編集です。
過去3作品の合間の出来事が描かれています。


ふたりの距離の概算

春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。
千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。
部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。
あいつは他人を傷つけるような性格ではない―。
奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する!
“古典部”シリーズ第5弾。
「BOOK」データベースより引用

シリーズ第5弾は、古典部メンバーが2年生となり、新メンバーも加わり新たな1年が描かれます。
奉太郎が神山高校のマラソン大会「星ヶ谷杯」を走りながら推理をするという、かなり珍しいストーリー展開となっています。


いまさら翼といわれても

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘―
折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。
そして、彼女の真意とは?(表題作)。
奉太郎、える、里志、摩耶花―“古典部”4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇!
「BOOK」データベースより引用

シリーズ第6弾は、第4弾に続く2冊目の短編集。
メンバーの過去に触れる中で、それぞれの心情がより深く描かれていて、ミステリーとしてだけでなく、青春小説としても、面白いです。



-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-