おすすめの電子マネー「楽天Edy」の特徴やメリット・デメリット、注意点を解説。

「楽天Edy」は楽天が提供する電子マネーの一つで、コンビニ・ドラッグストアは勿論、スーパーマーケット・書店など、非常に多くのお店で利用でき、楽天ポイントも貯まります。

ここ最近では、電子マネーが広く普及し、その種類も増えてきましたが、数ある電子マネーの中でも楽天Edyは、人気の電子マネーです。

「楽天ポイントを貯めたい」・「使いすぎを防ぎたい人」におすすめの電子マネーになります。

楽天市場をよく利用する方の場合、聞きなじみがあるかもしれませんが、あまり利用しない方だと「どんな特徴があり、どんな使い方ができるのか」はご存じないかもしれません。

この記事では楽天Edyに興味がある方向けに、その特徴やメリット、使い方について解説します。

楽天Edyに興味を持っている方はぜひ参考にして下さい。


楽天Edyとは

楽天Edy

「楽天Edy」は、その名の通り、楽天が運営する電子マネーです。

楽天ポイントカード・おサイフケータイにチャージして使用できます。

全国の様々な店舗で使え、対応している店舗数は電子マネーの中でもトップクラスです。

キャッシュレス決済(クレジットカード・電子マネー)に対応している店舗であれば、ほとんどの場合、楽天Edyにも対応しています。


楽天Edyの特徴


お金をあらかじめチャージして使うプリペイド式

電子マネーの支払い方法には「プリペイド式」と「ポストペイ式」がありますが、楽天Edyは、事前に料金をチャージし、使用した分だけ引かれる「プリペイド式」になります。

チャージした分だけしか利用できない為、使いすぎを防止できます。


楽天グループ共通の「楽天スーパーポイント」が貯まる

「楽天スーパーポイント」は、楽天グループ共通のポイントサービスで、楽天Edyを使うと、「200円」につき「1ポイント」、楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円分として、楽天Edyへのチャージを始め、楽天グループの様々なサービスで利用可能です。


楽天市場・コンビニエンスストア等、全国50万カ所以上の加盟店で利用可能

楽天Edyは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートといった主要なコンビニをはじめ、全国50万カ所以上の加盟店で使えます。

普段の買い物で利用しやすく、ポイントが貯めやすいです。


スマホでも利用可能

おサイフケータイ機能を使い、スマホで楽天Edyを利用可能です。

スマホで支払いができるだけでなく、残高確認もできる為、買い物前に残高をチェックして、足りなければその場でチャージすることもでき、便利です。


楽天Edyのメリット


店舗での決済がスムーズ

店舗で楽天Edyを使って決済する場合、「楽天Edyでお願いします」と伝え、レジにある専用端末に楽天Edyカード、または、スマホをかざすだけで決済が完了します。

支払う現金の計算も不要な為、手間・時間をかなり短縮でき、スムーズに決済できます。


クレジットカードでチャージすることでポイントが二重に貯まる

楽天Edyを使って決済した場合、200円につき1ポイント、ポイントが貯まります。

ポイント還元率は「0.5%」です。

ですが、クレジットカードを使って楽天Edyにチャージした場合、クレジットカードを利用したことによるポイントも獲得することができます。

その為、ポイントの二重取りができ、より多くのポイントを貯めることが可能です。

楽天Edyのチャージが可能なクレジットカードは多く、全てを紹介するとキリがないので、ポイント還元率1%以上のものに絞り、以下、紹介します。

クレジットカードポイント還元率
リクルートカード1%
楽天カード1%
エディオンカード1%
タカシマヤセゾンカード1%
東急カード1%
エポスゴールドカード1%
オリコカード THEPOINT1~2%
Yahooカード1~3%


使える店舗が多い

楽天Edyは、楽天市場のみならず、コンビニをはじめ、全国にある数多くの提携店舗で利用できます。

楽天Edyのロゴマークが店舗入り口に表示されている場合、会計時に利用可能です。

キャッシュレス決済に対応していれば、ほとんどのお店で楽天Edyが使えます。

コンビニ・ドラックストアは勿論、スーパー・家電量販店など、普段の生活で利用するお店の多くで楽天Edyが使えます。

楽天Edy以外にも様々な電子マネーがありますが、それらの中でも楽天Edyは利用できる店舗がとても多い点が特徴です。


Edyオートチャージで手軽にチャージできる

Edy機能付き楽天カード・スマホのEdyアプリ(おサイフケータイ)を使うと、「Edyオートチャージ」を利用できます。

このサービスは、Edyの残高が設定した額以下になると自動的にチャージしてくれるものです。

その為、チャージの手間がかからず、手軽にチャージできます。


チャージして使うので、使い過ぎを防げる

「同じキャッシュレス決済でも、クレジットカードは使い過ぎが怖いから、あまり使いたくない」と思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

楽天Edyは「プリペイド式」で、事前にチャージして利用する為、事前に予算を決めて使うことが可能でき、使いすぎを防げます。


楽天Edyのデメリット・注意点


200円以上の買い物をしないと、ポイントが還元されない

楽天Edyのポイント還元は「200円につき1ポイント」の為、200円以上の買い物をしないとポイントが還元されません。

つまり、201円の買い物をしたら、1ポイント還元されますが、199円の買い物の場合、0ポイントになります。

この点、少額の買い物の場合、注意が必要です。


チャージ・残高の把握が面倒

楽天Edyのデメリットの一つが、チャージ・残高の把握が面倒という点です。

楽天Edyは、自分がチャージしている金額内でしか買い物をする事ができない為、常にチャージした金額や残高を把握しておく必要があります。

楽天Edyは電子のマネーの為、現金と違って小銭を持つ感覚が薄く、残高が今いくらあるのか、判断しづらいと感じる人もいるかもしれません。


使えない店もある

楽天Edyに対応していない店があるという点も、デメリットの一つです。

財布を持ち歩かなくても、スマホ・カード一枚を持っていれば、簡単に買い物ができる楽天Edyですが、どの店でも使えるという訳ではありません。

特に、中小規模の店・個人経営の店などでは、まだまだ楽天Edyに対応していない店があります。


楽天Edyのチャージ方法

楽天Edyを利用する為には、チャージする必要があります。

以下、チャージ方法を3つ紹介します。


現金によるチャージ

コンビニ等の一部の楽天Edy加盟店で、店員に「楽天Edyのチャージお願いします」と伝えると、現金でチャージすることができます。

また、一部の加盟店には「Edyチャージャー」という現金入金機が置いてあり、こちらでもチャージ可能です。

楽天Edyの1回のチャージ金額の上限は「25,000円」になります。

以下、現金チャージに対応した加盟店です。

  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • WonderGOO
  • PRONT
  • CAFFESOLARE
  • 喫茶室ルノアール
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス

クレジットカードによるチャージ

クレジットカードでのチャージは、「おサイフケータイ」を使うことでチャージすることができます。

おサイフケータイのアプリでクレジットカード情報を登録することにより、アプリから何時でもチャージすることが可能になります。

ただし、新規登録・情報変更の場合、翌日正午以降にチャージができるようになる為、注意して下さい。


楽天スーパーポイントでチャージする

楽天スーパーポイントでチャージする為には、楽天Edy公式サイトからポイントチャージ申請を行います。

その後、各種コンビニエンスストア等の楽天Edy加盟店・おサイフケータイアプリで受け取ることができます。

日々の買い物で貯まったポイントを、好きな時に他の買い物に使える点も、楽天Edyの大きなメリットですね。


楽天Edyを使える店

楽天Edyに対応している店舗数は、数ある電子マネーと比較してもトップクラスであり、利用可能店舗は50万店舗を超えています。

以下、その中でもメジャーな店舗を一部、紹介します。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • デイリーストア
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグイレブン
  • Amazon
  • アメーバ
  • 楽天市場
  • ブックオフ
  • TSUTAYA
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • イズミ・ゆめタウン
  • GAP
  • ドン・キホーテ
  • マクドナルド
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • ラウンドワン
  • ヤマト運輸
  • コンフォートホテル
  • リッチモンドホテル
  • ルートインホテルズ
  • ANA
  • 羽田空港
  • 関西国際空港

まとめ

楽天Edyは楽天の電子マネーの一つで、事前にチャージして支払いをする「プリペイド式」の電子マネーです。

200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まり、チャージ方法が多く、加盟店舗が非常に多い為、利用機会も多いのが魅力的。

使い過ぎを防ぎつつ、手軽にお支払いしたいという方におすすめです。

少しでも楽天Edyが気になったという方は、一度使ってみては、いかがでしょうか。

この記事があなたの生活により良いものに変えられたのなら幸いです。



関連記事


Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-