ランサーズとは?特徴やメリット・デメリット、登録方法を解説

クラウドソーシングサービスと言えば、どのサービスを思い浮かべるでしょうか。

おそらく、多くの方が「ランサーズ」か「クラウドワークス」を思い浮かべると思います。

クラウドソーシングサービスの最大手である「ランサーズ」。

「クラウドワークス」と並んで知名度が高いサイトですが、実際のところ、どのようなサイトなのか分からないという人も多いでしょう。

そこで、この記事では、ランサーズの特徴、メリット・デメリットについて解説します。

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズとは

ランサーズ

「ランサーズ」は、2008年に登場した国内最大級のクラウドソージングサービスです。

インターネット上でクライアントと受注者がつながり、コピーライティング、システム・アプリ開発や運用代行、ホームページ制作、ロゴ作成やイラスト作成、タスク・作業などの仕事を受発注できるサービスになります。

運営会社ランサーズ株式会社
代表取締役社長秋好 陽介
設立2008年4月
資本金3,341百万円(資本準備金を含む)
事業内容フリーランス・タレント・プラットフォーム事業
上場取引所東京証券取引所市場マザーズ(証券コード:4484)
本社所在地〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目10-13
TOKYU REIT渋谷Rビル9F
種類総合型
手数料報酬の5~20%
利用価格無料
案件の種類ホームページ制作
アプリ制作
記事作成
ロゴ作成
データ収集など

ランサーズは、クラウドワークスと並び、日本クラウドソーシングサービスの2大巨頭であり、毎月5,000社以上が新規でサービスを利用しています。

個人でも企業でも可能でき、フリーランスとして活躍している人もいれば、主婦・学生がお小遣い稼ぎに使っている場合もあります。


ランサーズの特徴・メリット


募集している案件が多い

ランサーズの特徴・メリットとしてまず挙げられるのは、案件数の多さです。

クラウドワークスと並び、日本最大級のサービスですので、仕事の案件数も多くなっています。

クラウドソーシングをするにあたり、クラウドワークスかランサーズを利用しておけば、仕事が見つからないということは、まず起こりません。


スキルのない方でも始めやすい

ランサーズには、アンケート・データ入力といった単純作業やライティング等、未経験の方でも始めやすい仕事が多いです。

誰でも仕事を受けられる分、単価は低いですが、仕事をこなしながらスキル・経験を積むことで、単価アップを実現すこともできます。

ご自身の希望に合った案件やお仕事を探しましょう。


認定ランサー制度

ランサーズには、認定ランサーという制度があり、これは、一定以上の実績を上げている人に対する認定制度です。

総報酬額や仕事の評価、メッセージに対する返信率など、様々な条件をクリアすると、認定ランサーという称号が得られます。

なお、認定ランサーの条件は以下の通りです。

  • 獲得報酬額は各カテゴリの上位20%
  • クライアントからの評価が4.8以上
  • プロジェクト完了率が90%以上
  • タスク承認率が90%以上
  • 24時間以内のメッセージ返信率が80%以上
  • ランサーズへの最終ログインが1ヶ月以内
  • 各種認証やプロフィールの登録の項目が認証済み・登録済み

認定ランサーは、クライアントにも好印象をもってもらえる為、仕事を取りやすくなります。


実績を積むとスカウトの依頼がくることも

スカウトとは、依頼主が仕事を任せたいと思ったランサーに直接、仕事の応募依頼を行うことです。

ランサーズでは、実績があれば好条件・高報酬の案件に、スカウト経由で応募することができます。

ランサーズに登録して直ぐは、自分から積極的に提案をしたり案件を取りに行かなければ、自然に次々と仕事が舞い込んでくることはないですが、地道に実績を積んでいくと、スカウトにより直接、仕事を依頼してもらえることも増えていきます。


仮入金制度がある為、支払いに関しては安心

ランサーズは、クライアントの仮払い後に作業ができる為、仕事を終えたにもかかわらず、報酬が支払われないといった心配がありません。

報酬未払いのリスクがないのは大きなメリットですね。


ランサーズのデメリット


専門知識が必要な案件以外は、それほど稼げない

専門知識が必要な案件以外の案件は、それほど稼ぐことが出来ません。

システム開発などは月10万円を超える案件が豊富にある為、それらを活用することで、ある程度の報酬は受け取ることが出来ます。

しかし、特にスキマ時間などを利用して仕事をする主婦・学生の方などは、低い報酬になりがちです。

これは、他の受注者との差別化を図るのが困難な作業系の仕事をメインでこなす可能性が高いからです。


手数料が他のサービスに比べると高い

ランサーズでは、案件の単価により、手数料が「5〜20%」で変動します。

なお、同じく最大手の「クラウドワークス」も同じ手数料体系となっています。

クラウドソーシング業界3番手以降のサービスの場合、手数料が5〜10%以下の「Bizseek」、一律10%の「シュフティ」等が存在し、単純に手数料だけを比較すると、ランサーズは特別優れているわけではありません。

ただし、手数料だけでは判断できない部分もあり、案件の数などを含めたトータルで見た場合、手数料はそれほどのデメリットとは言えませんが、この点、注意しておきましょう。


ランサーズの仕事形式

ランサーズは、仕事の内容・性質に合わせて、3つの仕事の形式があります。


プロジェクト形式

「プロジェクト形式」では、クライアントがまず見積もり(提案)を募集し、その募集に対してランサーが提案を行い、その提案の中でクライアントが気に入ったものを採用するという方式です。

提案では、見積もりの内容は勿論、ランサーの過去の経験・実績・スキル・作品・メール対応などが評価され、合格した人が決定してから、正式にプロジェクトが開始されます。

提案しただけでは仕事の契約はされず、最終的にその中から1人が選ばれ、選ばれた人だけが仕事をするシステムですので、求人募集と似ていますね。

プロジェクト形式は、タスク形式よりも単価が高額ですが、求められる仕事のレベルも上がります。

WEBライター・記事の執筆は、このプロジェクト案件に入ることがほとんどです。


タスク形式

「タスク形式」は、1つの依頼に対して多人数のランサーが同時に作業を行う仕事方式です。

アンケート、レビュー記事作成、データ入力といった比較的簡単な作業、かつ、人手が必要とされる作業を募集する時、よく使われます。

タスク案件はスキル・経験がなくても誰でも参加することができ、初心者向けの仕事といえ、作業内容は簡単ですが、その反面、報酬単価は安くなっています。

クラウドソーシング初心者の方は、まずはタスク方式の仕事をやってみるのが良いでしょう。

ただし、作業内容が簡単とはいえ、募集条件・規約を満たしていなかった場合、非承認となり報酬がもらえません。

応募する際は、条件・規約をしっかり読み、理解した上で取り組むようにしましょう。


コンペ形式

「コンペ形式」は、名前の通り、コンペ(コンペティション:competition)のように、依頼に対して多くの人が自身のアイディアを提案し、その中の選ばれた人にだけ報酬がもらえる仕事方式です。

例えば、クライアントがロゴ制作を依頼した場合、ランサーは依頼に基づいてロゴ画像を直接提案し、その中の選ばれた人だけ報酬がもらえます。

ロゴデザイン・ネーミングの案件に多い形式です。


ランサーズの登録方法

まずは、公式サイトにアクセスします。

公式サイト↓

クラウドソーシング「ランサーズ」
  1. ランサーズのトップページを開き、画面右上の「会員登録(無料)」をクリック。

  2. 「メールアドレスで登録する」という項目に、自身のメールアドレスを入力し、「会員登録する」をクリックします。
    なお、ランサーズの登録はGoogle、Yahoo!、Facebookのアカウントを利用して会員登録をすることもできます。

  3. 入力したメールアドレスにランサーズからメールが届きます。届いたメールを開き「メールアドレス認証を完了する」をクリック。メールの有効期限は48時間以内の為、早めに登録を済ませておきましょう。

  4. ユーザー名・パスワードの2項目を入力します。ユーザー名は後から変更不可ですので注意しましょう。なお、変更をする場合は、再度会員登録をしなければいけません。

  5. 詳細情報を入力。

  6. 登録完了です。ランサーズでお仕事をスタートさせましょう。


初心者にオススメの案件


ライティング

文字通り、「文字を書く仕事」です。

最も多いのは、サイトに掲載する記事を執筆する仕事で、自分の知識やWeb上の情報を調べ、クライアントから提示された執筆内容(ジャンル)、記事の構成、見出し、文字数の記事を執筆します。

大半の案件は「文字単価」が設定され、執筆した文字数に文字単価をかけて報酬が決まり、文字単価は0.3円から2.0円以上するものまである為、案件は慎重に選びましょう。

記事執筆の他にも、キャッチコピーを考える「コピーライティング」、音声を聞いて文字にする「テープ起こし」、誰かが書いた記事を修正する「校正・リライト」等、様々な案件があります。

案件数が非常に多く、初心者の方でも取り組みやすい為、オススメです。


データ入力

データ入力とは、指定された情報をExcel・Googleスプレッドシートに打ち込んでいく作業のことです。

データ入力案件で多いジャンルは「顧客名簿の打ち込み」、「店舗のリサーチと打ち込み」、「URLのコピペ作業」等になります。

打ち込み作業・コピペ作業の他に、ネットでのリサーチ業務が含まれている場合もあります。

データ入力はとにかく単純作業が続く為、集中力が続きやすい人・PCでコツコツ仕事ができる人にオススメです。

仕事内容が簡単であるが故に報酬・単価も低いですが、作業スピードも少しずつアップしながら、タイピングのスキルも身につけることができます。


まとめ

ランサーズは、初心者向けのクラウドソーシングサービスで、ライティング・データ入力などの誰でもできる簡単な案件から、専門的な案件まで豊富にあります。

場所を選ばず仕事ができ、副業・アルバイトを探してる人は勿論の事、フリーランスになりたい人にもオススメのクラウドソーシングサービスです。

運営会社であるランサーズ株式会社は東証マザーズに上場しており、クラウドソーシング業界最大手として安心して利用できます。

案件も多く、自由な働き方ができるようになっているので、クラウドソーシングサービスの一つの選択肢として、ランサーズの利用を検討してみてはいかがでしょうか。


クラウドソーシング「ランサーズ」

関連記事



-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-