デビットカードとは?デビットカードの特徴、メリット・デメリットを解説。

デビットカードとは、銀行口座に紐づいて、VisaやJCBの加盟店で支払ができる決済用カードのことを言います。

クレジットカードとは異なり、会計で利用すると即時に口座から引き落とされるという特徴があります。

このページでは、そんなデビットカードの特徴、メリット・デメリット等を紹介していきます。

デビットカードとは

デビットカード

デビットカードは、自分の銀行口座に今あるお金を使って買い物ができるカードのことです。

利用したと同時に、口座から代金が引き落とされる仕組みになっています。

財布の中に現金がなくても買い物ができる点はクレジットカードに似ていますが、クレジットカードが「後払い」であるのにに対し、デビットカードは「即時払い」です。

自分の預金残高を超える買い物はできない為、使いすぎの心配がないのが最大の特徴です。


デビットカードの特徴


銀行口座から即時引き落とし

デビットカードとは、ショッピング等でカード支払いをおこなった際、登録している銀行口座から利用した金額だけ「即時引き落とし」される仕組みのカードです。

銀行口座に利用金額以上の残高があれば使用できる為、わざわざ銀行から現金を引き出さずに支払いができます。

また、利用限度額は利用時の口座残高ですので、一般的なクレジットカードにありがちな使い過ぎを防ぐ効果が期待できます。

利用可能額を設定することも可能で、中学生を除く15歳以上の未成年者・カード払いの経験が少ない人が安心して使用できます。


審査なしで使える

一般的なクレジットカードの場合は、利用にあたりクレジットカード会社による審査が必要です。

クレジットカードは、カード会員の信用を担保にお金を立て替えて支払ってくれるカードである為、審査が必要なのは当然のことと言えます。

しかし、デビットカードは、自分が利用時に口座に持っているお金から即時引き出されるシステムの為、単に自分の手持ちのお金から支払いをしているだけの形になります。

お金を借りて「後払い」するような仕組みではないことから審査も不要で、一般的なクレジットカードの審査には受からないであろう自己破産者・債務整理者でもカードが持つことができます。


全国の店舗・ネットショップで使える

デビットカードは、日常的に利用するコンビニ・スーパーで、クレジットカードと同様に提示し、レジに「1回払い」と伝えることで利用できます。

ネットショッピングの際は、「クレジットカード払い」を選択し、「カード番号」・「有効期限」・「暗証番号」等を入力し、支払えば、口座から引き落とされます。


クレジットカードとの違い

デビットカードクレジットカード
発行主体銀行クレジットカード会社
支払い方法即時払い後払い
支払い回数1回払いのみ
(リボ・分割などは不可)
1回払い、2回払い、分割払い・リボ払い・ ボーナス払い
利用可能額預金口座の残高および利用限度額の範囲内利用限度額の範囲内(審査の結果による)
キャッシングなど借り入れ×
審査審査なし(口座が作れる方なら発行可能)審査あり
利用できる方中学生を除く15歳以上の方高校生を除く18歳以上の方
使用できないケース継続支払い、一部店舗なし


デビットカードのメリット


即時決済

使ったその場で自分の預金口座からお金が引き落とされます。

クレジットカードのように支払いを後回しにしないで済むので、「使い過ぎで後々困る」ということがなくなります。


使いすぎを防げる

口座残高分しか使えないデビットカードに対し、クレジットカードは持っているお金以上の買い物ができてしまう為、後々の支払日に支払いが行えず、延滞してしまうという可能性があります。

デビットカードでは、持っているお金以上にお金を使い過ぎることがありません。

「口座にある分、全部使っちゃいそうで怖い」という人は、「月○万円まで」という限度額を設定できるカードを使用すると安心です。


お金の管理がしやすい

カードを利用するたびに「○○のお店で、○○円が引き落とされました」という利用通知メールが届きます。

また、残高や利用明細をスマホ・PCからチェックできるので、「いつ、何にお金を使ったのか?」、「あといくら使えるのか?」をいつでも確認できます。


キャッシュカードとデビットカードの機能が合体しているので便利

デビットカードは、口座にある現金をカードに入れて持ち歩くイメージです。

手持ちがない場合も、わざわざATMでおろさなくともよく、そのまま支払うことができます。

また、現金が必要になったときも、銀行のキャッシュカードとしてATMからお金を引きだすことが可能です(もちろん振込や預入もできます)。

時間外、対象外だと数百円かかっていたATM手数料も、ATMを探して並ぶ手間も節約できます。


セキュリティ機能や保険もついていて安心

Visa、JCB、Mastercardのデビットカードには、不正利用保護(第三者にカードを不正利用された場合、条件を満たせば被害金額が補償される)やネットショッピング時のセキュリティ対策が用意されています。

また、デビットカードで購入した商品の破損、盗難などの損害を補償するショッピング保険がついているカードもあります。

万が一、カードをなくしても24時間対応の紛失窓口で利用停止が可能です。


ほとんどのカードで審査がない(クレジットカードの審査が通らない人でも利用できる)

クレジットカードをつくる際、カード会社が信用情報機関の個人信用情報をもとに審査します。

支払いを延滞・滞納したり、債務整理(任意整理や自己破産)を行うと事故情報(所謂、ブラックリスト)が残り、一定の期間は審査に通らなくなります。

しかし、デビットカードは、銀行口座と直結したカード(カード会社から借りるわけではない)なので、ほとんどの会社で審査がありません。

15歳以上から持てるカードが多いので、審査に通りにくい学生・年配の方、スマホ代を滞納してブラックになっている人でも、デビットカードをつくることができます。


ポイントやキャッシュバック等でお得

デビットカードには、利用に応じてポイントが貯まったり、キャッシュバックをうけられるものがあります。

これらのデビットカードを活用すれば、現金で支払うよりもお得です。

また、ATM手数料の無料回数が増える等、嬉しい特典がついている場合があります。


デビットカードのデメリット


加盟店でも使えない場面がある

Visa、JCB、Mastercardの加盟店であっても、インターネットプロバイダやガソリンスタンドなど一部の支払い先で利用できないことがあります。

インターネット料金・高速道路の料金・ガソリン代・飛行機の中の機内販売・オンラインカジノ・一部携帯料金(MVNO)の支払いなどは、デビットカードが使えません。

たとえ同じ国際ブランドでクレジットカードが利用できても、デビットカードは利用できない場合があるので注意しましょう。


還元率はクレジットカードより低め

上述の通り、デビットカードは利用に応じて、ポイントが貯まったり、キャッシュバックをうけられるものがありますが、その還元率はクレジットカードよりも低めです。

クレジットカードの場合、ポイントやキャッシュバックの還元率は「0.5~2%」に設定されているものもあります。

例えば、還元率1%のクレジットカードで100円買い物したら、1ポイントがたまる(1円キャッシュバックされる)といった具合です。

しかし、デビットカードの還元率は「0.2~2%」とクレジットカードに比べると低めに設定されていることが多いです。


「一括払い」のみで、分割払い・リボ払いができない

デビットカードは、利用したその場で引き落としが行われる「即時決済」なので、支払い方法は「1回払いのみ」です。

クレジットカードのような分割払い・リボ払いはできません。


デビットカードを使用する場合の注意点

デビットカードを使用する時には、以下の点に注意しましょう。


残高不足だと使えなくなる

デビットカードは、預金残高が不足すると利用できません。

利用と同時に引き落としが行われる為、残高を超えたお買い物は不可能です。

お買い物の前に、きちんと残高を確認しておきましょう。


国際ブランドとJ-Debitを間違えられることがある

「J-Debit」とは、キャッシュカードで支払い・キャッシュアウトができるサービスになります。

買い物・食事代の支払い時、現金の引き出し時に、キャッシュカードを提示してお店の端末に暗証番号を入力すると、利用代金が金融口座から即時に引き落とされる仕組みです。

J-Debitは、J-Debitの加盟店でしか使用することができません。

百貨店・家電量販店などを中心に、国内約45万店で利用可能ですが、海外・オンラインショッピングでは利用できないのです。

VisaやJCBなど国際ブランドのデビットカードは海外でも利用できますが、J-Debitは日本国内でしか使用ができないことからも分かるように、「国際ブランドのデビットカード」と「J-Debit」は別物です。

そして、「支払いはデビットカードでお願いします」とお店の人に伝えると、「Visaのデビットカード」を出したのに「J-Debit」と間違えられてしまう場合があります。

店員さんには「デビットカードで」ではなく、「Visaカードで」や「JCBカードで」と伝え、支払い回数を聞かれた場合は「1回で」と答えましょう。


デビットカードがおすすめの人

デビットカードは、次のような方におすすめのカードです。

  • 借金をしたくない人
    後日、引き落としが行われるクレジットカードと異なり、利用したその場で「即時」引き落としが行われます。
    その為、借金をしないで現金感覚で支払いたい方に向いています。

  • 管理をしながらお金を使いたい人
    デビットカードは、利用できるのは「預金残高の範囲内」となる為、使いすぎを防ぐ等、お金の管理がしやすいカードになります。
    利用した履歴もPC・スマホや専用アプリで参照できるので、きっちりコントロールしながらお金を使いたい方におすすめです。


デビットカードの作り方

デビットカードを作るには、まず銀行口座を開設する必要があります。

デビットカードを利用するには、開設している銀行口座と紐づける必要があるためです。

例えば、楽天銀行デビットカードを使いたいのであれば、楽天銀行の口座が必要ということになります。

既に利用する予定の銀行口座がある場合は問題ありません。


デビットカードを作るのに主に必要なもの

既に述べた通り、デビットカードを作るにはまず、その銀行の口座を開設する必要があります(多くの場合、銀行口座とデビットカードは同時に作れます)。

デビットカードを作る為に必要なものは以下の2つです。

  • 本人確認書類
    本人確認書類として銀行から求められる事が多いのは以下の通りです。
    顔写真付きの公的機関が発行している本人確認書類がない場合、保険証などでも大丈夫ですが、住民票の写しなど複数の書類の提出が必要となる事が殆どです。
    また、未成年の方の学生証は、原則本人確認書類と見なされない為、注意してください。
    • 運転免許証(運転経歴証明書)
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 住民基本台帳カード(顔写真入り)
    • 各種保険証

  • 印鑑(不要な事も多い)
    デビットカード作成を目的に銀行口座を開設する場合、ネット銀行を中心に、最近は印鑑が不要な事が多くなりました。
    メガバンク等でもスマートフォンのアプリ・Webからの申し込みで不要となるケースが殆どです。
    なお、印鑑が必要な場合、シャチハタ以外の印鑑を選んでください(100円ショップで売られている物でも登録はできますが、安全性の面からおすすめはしません)。

デビットカードの作り方

デビットカードは主に次の3つの作り方があります。

  • ネット:銀行の公式ページやアプリから申し込む
  • 郵送:銀行の公式ページなどから必要書類を取り寄せる
  • 店舗で直接:原則居住地の最寄りにある店舗で手続きを行う

本人確認書類の種類、申し込む時期にもよりますが、最短5日から1週間程度でカードが届きます。


まとめ

デビットカードは、クレジットカードが作れない人でも作ることができ、即時決済で口座にある分しか使用できない為、使いすぎも防げます。

また、カードを利用するたびに利用通知メールが届き、残高や利用明細をスマホ・PCからチェックできるので、お金の管理がしやすいです。

クレジットカードを作れない方や、「使いすぎるのではないか?」とクレジットカードを発行・使用することに抵抗感がある人は、デビットカードの使用を検討されてはいかがでしょうか。



関連記事


Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-