クレジットカードとは?特徴や仕組み、メリット、注意点を解説。

クレジットカードとは、後払いで買物の支払いができるカードです。

店頭での支払いに限らず、ネット通販、電気やガスなどの公共料金に加え、税金の支払いなど幅広く利用することができます。

財布に現金がなくても支払いが可能ですし、優待特典がつく場合や海外旅行保険が付帯されているクレジットカードもあります。

利用者の信用に基づき発行されるため、発行にあたり事前審査が必要になりますが、日常のあらゆるシーンで使える便利なアイテムの一つと言えるでしょう。

しかし、実際にクレジットカードに慣れていないと、「借金みたいでなんとなく怖い」、「クレジットカードとは何か?」という疑問を感じる方もいらっしゃると思います。

どんなものでも、初めて利用するものは良くわからなかったりしますが、慣れれば便利です。

クレジットカードで決済すれば、ポイントも貯まり、商品券などに交換でき、節約にもつながります。

このページでは、そんなクレジットカードの仕組み、おすすめポイントなどを紹介していきます。

クレジットカードとは

クレジットカード

「クレジットカード」とは、商品・サービス等の決済において、カード保有者の信用によって「後払い」ができるカードのことです。

同じ様に決済に使えるカードとして、デビットカード・プリペイドカードがありますが、「デビットカード」が「決済直後の引き落とし」、「プリペイドカード」が「前払い」であるのに対し、「後払い」になる「クレジットカード」の場合、特定の口座から後日引き落しとなります。

また、発行する為に事前の審査が必要となる点も、クレジットカードならではの特徴と言えます。


クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

利用者は、クレジットカード会社と契約し、利用した分は支払うと約束して、カードを使います。

利用者は、お店(加盟店)でカードを利用し、買い物をする際には現金の支払いはありませんが、後で、その分の金額をカード会社に支払います。

お店(加盟店)は、利用者の代金について、クレジットカード会社から後日、支払いを受けます。

このとき受け取った金額の一部から、カード利用に伴う所定の手数料をカード会社に支払うことになっていて、これがカード会社の利益となります。

カード会社は、利用者とお店(加盟店)をつなげます。

利用者にはお金を請求し、お店には利用金額を支払います。

利用者はカードを使って便利に買い物ができ、

お店はカード利用ができることによる集客UPと業務の効率化が望め、

カード会社はお店から手数料をもらえる、

という仕組みになっています。


クレジットカードの種類

クレジットカードには様々な種類があります。

「国際ブランド」「発行会社」「ランク(ステータス)」と様々な軸で種類をみることができ、数百種類以上のクレジットカードが存在しています。

  1. 国際ブランド
  2. クレジットカードには国際ブランドというものがあります。
    カードの下に「VISA」や「JCB」などのロゴがありますね。
    国際ブランドとは決済ネットワークブランドのことで、 例えば、海外でも近所のスーパーでも、VISAのマークが入っていればVISA加盟店すべてで使うことができますし、 JCBのマークが入っていればJCB加盟店すべてで使用可能です。
    どのブランドを通して決済をするかということで、国際ブランドによっては使えるお店、使えないお店があります。

    • VISA(ビザ)
    • MasterCard(マスターカード)
    • JCB(ジェイシービー)
    • American Express(アメリカン・エキスプレス/通称アメックス)
    • Diners Club(ダイナースクラブ)

    以上の5種類が5大国際ブランドといわれています。 発行されている多くのクレジットカードが5大ブランドと提携していて、基本的にクレジットカードはこの5種類に分けられます。

  3. 発行会社
  4. クレジットカードは発行会社が5大ブランドと提携し発行することが多く、 銀行系、信販系、ガソリン系、ネット・通信系、航空・交通系、小売店・コンビニ系などに分けられます。
    航空系ならマイルがお得に貯まるカードや、ガソリン系ならガソリンの割引があるなど、発行会社に特化したサービスが付帯されています。
    そのため、カードを選ぶときは、自分のライフスタイルに合ったサービスが利用できるものを選ぶことをおすすめします。

  5. ランク
  6. プラチナカード、ブラックカード、ゴールドカード、一般カード、学生カードなど、 カード会社により名称は変わりますが、ランクによって利用限度額や付帯サービスなどのグレードが異なります。


クレジットカードの特徴


ポイントが貯まる

支払い金額に応じてカード会社のポイントが貯まります。

特定のお店のポイントカードでは、そのお店で買い物をした時だけしかポイントが貯まりません。

しかし、クレジットカードなら、カード払いが出来る全てのお店でポイントが貯まります。

カード会社によってシステムは異なりますが、支払い代金に充当できたり、マイルや金券と交換できたりなど、貯まったポイントの利用方法は多岐にわたります。


カードの特典が受けられる

クレジットカード会員になれば、会員限定の特別価格で買い物ができたり、キャッシュバックのキャンペーンに申し込めたりするなど、様々な特典を受けることができます。

ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータス性の高いカードを持っていれば、空港のラウンジが無料で利用できるなど、より良いサービスを受けることも可能になります。


現金を紛失した時の損失が減る

普段からクレジットカードを使うようにすると、財布には必要最小限のお金だけ入れておけば良くなります。

そうすれば、万が一、財布をなくしてしまっても、その損失は自ずと小さくなります。

「拾った人にカードを悪用されたら、いくら使われるか分からない。怖い。」と考える方もいらっしゃると思いますが、問題ありません。

クレジットカードには盗難保険が備わっているので、悪用された場合でも、その分のお金は戻ってきます(※各社カード規約に当てはまる場合)。

また、ほとんどのクレジット会社では、365日24時間対応で電話受付等を実施していて、すぐに連絡して利用停止手続きを行うこともできます。

しかし一方で、現金を落としてしまった場合は、よほどのことがない限り、お金が戻ってくることはありません。


締め日までの利用分を、支払い日にまとめて払う

1か月の利用分を、後払いで、支払日にまとめて払うことができるのは、クレジットカードの大きなメリットのひとつです。

バラバラと請求が来ては不便ですが、クレジットカード会社がまとめて請求してくれるので管理も簡単です。

実際の利用分の計算は、クレジットカード会社ごとに決められた締め日を基準に行われ、支払日にまとめて口座から引き落としがされます。

なお、利用金額は支払日前に明細書が発行されますので、いつ、どこで、いくら使ったのかを一目瞭然で把握できます。

家計簿代わりにもなるので、おすすめです。


一括払いならば手数料はかからない

クレジットカードでは、一括払い(または2回払い)の場合は手数料や金利はかかりません。

分割払いやボーナス一括払い、さらにはリボルビング払いなどといった支払い方法も可能ですが、一括払いを選択すれば手数料はかからないのです。

一括払いを利用するには、店頭で「お支払い回数は」と聞かれた場合は「一括で」と伝え、ネットショッピングでは支払回数を1回と入力すればOKです。

後払いであるにもかかわらず、一括払いでは手数料が掛からないというのは大きな魅力です。


メリット

クレジットカードがお得で便利な理由をまとめると、

  • ネットショッピングで代引き手数料なしでスムーズに決済可能
  • 大金や小銭を持ち歩かないですむ
  • ポイントが貯まる
  • 「カード提示だけで割引」といったサービスも充実

という点です。

ネットショッピングなどでスムーズに決済が可能

ネット上ですぐに決済が可能な為、ネットショッピングとクレジットカードの相性は抜群です。

実際、カード情報を入力し、確認ボタンをクリックすれば決済が完了します。

仮に、クレジットカードを持っていない場合、代引き、銀行振り込み、コンビニ決済などを利用せざるを得ず、決済に時間がかかってしまいます。

クレジットカードを使えば、即時、決済されるので、ネットショッピングをする際、非常に便利です。


現金の持ち合わせがない場合でも、買い物ができる

クレジットカードを1枚持っていれば、現金が手元に無くても、カードの限度額までは自由に買い物ができます。

クレジットカードでの買い物に現金が不要な点は、誰でも体感できる大きなメリットといえます。

加えて、支払いは「後払い」の為、給料日前で預金口座に残高が無い場合でも、ショッピングが可能です。


ポイントが貯まり、商品券などに交換可能

買い物でクレジットカードを利用する度に、利用金額に応じたポイントが付与され、商品券などに交換することができます。

ポイントが加算される一例として、

  • ネットショッピング
  • 店頭での買い物
  • 電子マネーへのチャージ代金
  • 公共料金の支払い
  • 定期券の購入
  • ガソリン代の支払い

等があり、適用対象はとても幅広いです。

貯まったポイントは商品などと交換可能で、

  • 商品券
  • カタログギフト
  • 日用品
  • 家電
  • ファッション用品
  • 抽選への応募権利

のような、豊富なメニューが用意されています。

最近は、他のポイントサービス・マイル等と相互にポイントの交換ができるようになっている為、ポイントを効率よく活用できます。


紛失・盗難にあっても不正利用分は負担する必要はない

クレジットカードは、万が一、紛失・盗難時にあい、不正利用されたとしても、クレジットカード所有者を守る為の仕組みが整っているので安心です。

クレジットカード会社は不正利用があった場合、調査により不正利用が判明した部分に関しては、 支払いのキャンセル・返金に応じてくれます。

例えば、紛失したカードを誰かが拾い、その人が勝手に買い物をしたとしても、警察に届け出をし、カード会社に申し出をすることにより、補償を受けられる可能性が高いのです。

加えて、最近は不正利用対策も2重3重になされています。

その為、赤の他人が拾ったカードを利用することは極めて困難といえます。


クレジットカードの注意点

クレジットカードは大変便利な存在ですが、利用する上でいくつか気を付けるべき点もあります。

  • 支払い能力を超えた使いすぎ
  • 一括払い以外の支払方法の利用
  • 本人しか利用できない

クレジットカードの性質上、自身が持っているお金の金額以上の支払いが出来ますし、出来てしまいます。

クレジットカードは使い過ぎに気を付けていないと、支払日になって困ってしまうこともあり得ます。

クレジットカード払いは便利であるが故に、 手元から現金が出ていく感覚が薄くなってしまう為、注意しましょう。

また、クレジットカードは、たとえ家族であっても、本人以外は利用することは出来ません。

例えば、家計を管理している妻が、夫名義のクレジットカードを利用するような場合です。

クレジットカードの契約上、本人以外の使用は認められておらず、家族が利用したい場合は「家族カード」を利用する必要があります。

家族利用は規約違反となる為、避けるように意識して下さい。

以下、4点を意識することで、クレジットカードを計画的に、上手く使いこなすことができるようになるでしょう。

  • 支払いは極力一括払いを選択する
  • リボ払いは利用しない
  • キャッシングも利用しない
  • 締め日からの利用額を意識するようにする

いずれにしても、計画的な利用が何よりも大切です。


クレジットカード入手までの流れ

クレジットカードの申込みでは、利用希望者が年収・勤務先などの情報を申告して、クレジットカード会社は申告された内容に基づき、入会審査を行います。

Credit(クレジット)とは、日本語に訳すと「信用」という意味であり、利用者とカード発行会社の信用に基づいて、クレジットカードの仕組みは成り立っています。

クレジット会社としては、信用のしっかりした利用者を審査で選ぶ必要があるからです。


審査の流れ

実際の審査の流れは、

  1. クレジットカード利用希望者からカード申込み
  2. カード会社から信用機関に信用情報照会依頼
  3. 信用機関からカード会社へ信用情報を提出
  4. カード会社による入会審査
  5. カード会社より利用希望者へ審査結果を通知

といった順番になります。

「信用情報」とは、他のクレジットカードの保有状況・支払い状況、カードローンや携帯電話の分割払い等、借入金返済について記録されている情報のことを言います。

全てのクレジットカード会社は信用機関に加入している為、他社のクレジットカード情報についても照会できるようになっています。

クレジットカード会社は、入会時に申告された内容に加え、信用機関から提出された信用情報に基づき、クレジットカードを発行可能か審査します。


受け取り(本人確認)

クレジットカードは、カード利用者の本人確認がされてからの受け取りになります。

万が一、クレジットカードが他人の手に渡ってしまった場合、悪用されてしまう危険性があるため、本人確認が必須なのです。

本人確認は、

  • インターネットで本人確認書類の画像をアップロード
  • 本人限定受取郵便で発送
  • インターネットでの銀行口座登録
  • 郵送で本人確認書類の写しを郵送

のような方法で行われます。


クレジットカードの選び方

「種類が多すぎて、よく分からない」、「結局、どれが自分に最適なのか分からない」という方も多いと思います。

そこで、初心者の方でも使いやすいクレジットカードを選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。


クレジットカードの利用ポイント

クレジットカードを保有する理由の一つとして、ポイントを気にされる方も多いと思います。

ポイントの有効期限が長いカード・期限のないカードを選ぶと、ポイント失効を気にすることなく貯めることができ、安心です。

「貯めやすさ」も重要ですが、それ以上に「使いやすさ」に注目して選んでみると良いでしょう。


年会費

クレジットカードには、年会費が有料のものと無料のものがあります。

クレジットカードには様々な年会費以上の特典・機能が付帯されているカードも非常に多い一方で、「まず最初は無料で試したい」、「年会費がかかるのは嫌だ」という人もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、年会費無料のカードや初年度年会費無料のキャンペーンを実施しているカードの検討をおすすめします。


まとめ

以上、クレジットカードの特徴や仕組み、メリット、注意点などの解説でした。

クレジットカードは、後払いで買物の支払いができ、店頭での支払いに限らず、ネット通販や公共料金、税金の支払いなど幅広く利用することができます。

財布に現金がなくても支払いができ、ポイントが貯まり、優待特典がつく場合もあります。

発行にあたり事前審査が必要になりますが、日常のあらゆるシーンで使え、便利ですので、「現金で支払うのが面倒」という方や、クレジットカードの特典に魅力を感じる方は、クレジットカードの発行を検討されてはいかがでしょうか。



関連記事



-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-