大学トーストのレシピ。「大学いも」の「大学」の由来も解説。

大学トーストのレシピです。

トーストとは

トースト

トースト(Toast)は、スライスした食パンを加熱し、表面に軽く焼き目をつけた食品。

トースターを使って作るのが一般的で、朝食で食べることが多く、バターやマーガリンを塗って食べる。


材料

3人前

  • 食パン 1枚

  • 砂糖 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • しょうゆ 小さじ1/2

  • バター 大さじ1

  • 白ごま 小さじ2


作り方

調理時間(およそ10分)

  1. 「砂糖 大さじ1」、「みりん 大さじ1」、「しょうゆ 小さじ1/2」を合わせて、電子レンジで加熱。

  2. パンに、「バター 大さじ1」と1を少し残して塗り、「白ごま 小さじ2」をふって、トースターでこんがりと焼く。

  3. 残しておいた1を塗り、スティック状にカットして、完成。


コツ

白ゴマの代わりに黒ゴマでも可。


まとめ

不意に大学芋が食べたくなり、調理しました。

是非、試してみてください。



余談:「大学いも」の「大学」の由来は何?

外は糖蜜がかかって固めにカリッと、中はやわらかくて美味しい「大学いも」は、おやつとして人気の高い一品ですよね。

関東地方で食べられることが多いようで、ご飯のおかずとして食卓に並ぶ地域もあるそうな。

さて、この「大学いも」ですが、なぜ「大学いも」なんでしょう?

「大学いも」の「大学」の由来は何なのか、誰しも一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

名前の由来はかなりストレートで、大正から昭和ごろ、「東京の学生街で売り出し、大学生が好んでよく食べた為」という理由だそうです。

また、この大学いもを好んだ大学生が通っていたのは、おそらく東大ではないか、と言われているようです。

当時、東大の赤門前には「三河屋」さんという「ふかしいも」のお店があり、さつまいもを揚げたものに蜜を絡めて売ったところ、学生の間で人気が出たという逸話が残っています。

なお、「三河屋」さんは1940年(昭和15年)まで東大赤門前で営業していたようです。



Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-