フライパンで作るチョコレートブラウニーのレシピ

フライパンで作るチョコレートブラウニーのレシピです。

ブラウニーとは

ブラウニー

ブラウニー(Brownie)とは、平たく正方形に焼いた濃厚なチョコレートケーキ。

目の詰まったチョコレートケーキからバー状に切り出したりもします。

チョコレートの濃厚さによってファッジ(やわらかいキャンディ)状であったり、クッキーに近いケーキ状であったり、また、ナッツ・クリームチーズ・チョコチップ等を混ぜたり、砂糖がけをするなど様々な形態があります。

携帯食として普及しており、通常は手づかみで食べます。

特にレストランでは、熱くしてアイスクリームと一緒に出したり(アラモード)、ホイップクリームをトッピングすることも。


材料

5人前

  • バター 50g

  • 砂糖 45g

  • 卵 1個

  • 薄力粉 45g

  • ココアパウダー 15g

  • 板チョコレート 25g


作り方

調理時間(およそ30分)

  1. ボール等に、やわらかく戻した「バター 50g」と「砂糖 45g」を入れて、よく混ぜる。

  2. 1に、「卵 1個」を入れ、よく混ぜる。

  3. さらに、「薄力粉 45g」、「ココアパウダー 15g」を加え、ヘラ等で混ぜる。

  4. フライパンに生地を流し入れ、「チョコレート 25g」を割って表面全体に、少し押し込むようにのせ、その後、表面をならす。

  5. フライパンに蓋をし、弱火で約12分焼く。

  6. 周囲と底が固まり、中央の表面が半生の状態になったら、ヘラ等を使い、ひっくり返し、蓋をして、約5分焼く。

  7. 中央に竹串を刺してゆるい生地が付かなければ焼き上がり。取り出して、冷ましたら好きな形にカットし、完成。


コツ

作り方6
ヘラ等で持ち上げる時、崩れそうな軟らかさの場合、まだ焼き不足。楽々持ち上げ、ひっくり返せる位まで焼く。


まとめ

おやつ・贈り物として調理。

混ぜて焼くだけなので簡単に作れます。

是非、お試しください。



余談:ブラウニーについて

ソフトクッキーとケーキの間のような食感でチョコレートの濃厚な味が楽しめるブラウニーは、バレンタインデーの特集でもよくお見かけする人気のお菓子の一つ。

日持ちがする為、スイーツ系ギフトセットに入っていたり、コンビニでお手軽サイズが100円位で買えたりと、身近なお菓子です。

そんなブラウニーですが、ガトーショコラと何が違うのでしょうか。

ガトーショコラとブラウニーを見て「どちらもチョコレートケーキでしょ」なんて言っていると、恥ずかしい思いをするかもしれない。

今回は、ブラウニーとガトーショコラの違いについて解説します。


ブラウニーとガトーショコラの違い


ブラウニーとは

ブラウニーはアメリカで親しまれている、平たい形をした重めの食感の焼き菓子のことを言います。

あえてチョコレートブラウニーという呼び方をされることもありますが、本来「ブラウニー」だけでもチョコレートもしくはココアパウダーを使用しているお菓子を指す言葉です。

ブラウニー(brownie)という呼び名も、チョコレートを加えたことで生地が「brown(茶色)」になっていることが語源だと言われています。

この為、単にブラウニーと言った場合、茶色いチョコレートブラウニーのことを指すのが一般的です。

ブラウニーは、アメリカの家庭で親しまれるホームメイドスイーツとして知られています。


ガトーショコラとは

「ガトー」はケーキを、「ショコラ」はチョコレートを指すフランス語です。

固有のチョコレートケーキを指す場合もありますが、その他のチョコレートケーキを含めた全体を指す言葉としても用いられることがあります。


ブラウニーとガトーショコラの材料・作り方


ブラウニーの材料と作り方

ブラウニーの材料は、「チョコレート」、「バター」、「卵」、「砂糖」、「小麦粉」、「ベーキングパウダー」、「ココアパウダー」、「くるみ」等です。

すべての材料を順に混ぜて焼くだけで、ガトーショコラと違って卵も卵黄・卵白に分ける必要はなく、全卵のままで大丈夫です。

ベーキングパウダーを使う為、膨らみも均一になります。

食感はクッキーとケーキの中間のようで、しっとり、サクサクっとした仕上がりです。

角形で焼いて、さいの目状にカットするのが定番。

なお、くるみ以外にも、ダイス状のチョコレートやレーズン等、好みに応じて具材をアレンジしてもよい。


ガトーショコラの材料と作り方

ガトーショコラの材料は、「チョコレート」、「バター」、「卵」、「砂糖」、「小麦粉」です。

ポイントは2つあります。

1つ目は、カカオ分が多めのチョコレートをたっぷりと使用すること。

2つ目は、卵を卵黄・卵白に分け、卵白はしっかりと泡立ててメレンゲ状にすることです。

このメレンゲが、生地の膨らみをアシストする役目を担っています。

焼き上がりはふっくらとしていますが、時間が経つとややしぼんで、よりしっとりとした舌触りになります。


ブラウニーとガトーショコラの違い


使用する粉の量

ブラウニーはベーキングパウダーで生地を膨らませるので、小麦粉の量はガトーショコラに比べると格段に多いです。

それに対して、ガトーショコラは、メレンゲの力で生地を膨らませる為、使用する粉の量はかなり少なめになります。

この違いにより、仕上がりの食感も異なります。

ガトーショコラはしっとりとして口溶けがよく、ブラウニーは目が詰まっており、ねっとりとしたイメージ。


卵の使い方

ブラウニーは、全卵のまま溶いて使用します。

対して、ガトーショコラは、卵を卵黄・卵白に分けて作るレシピが王道です。

また、ガトーショコラは卵を泡立てますが、ブラウニーは卵を溶くだけでよいという違いがあります。

具材の有無

基本、ガトーショコラに具材を入れることはありません。

対して、ブラウニーは、くるみが入っているのがデフォルトです。

さらに、クランチチョコレートやレーズン、ダークチェリー等を加えてバリエーションをつけたり、ファッジ等のトッピングが施されることも多いです。


結論:「ブラウニー」と「ガトーショコラ」

味わいとしては、ガトーショコラの方が総じて濃厚で、ブラウニーの方が軽く食べられるイメージです。

ただ、レシピによっては、よりしっとりと仕上げるブラウニーもあります。

手作りする場合、好みに合わせてレシピを選ぶとよいでしょう。



Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-