フライパンで作るチョコバームクーヘンのレシピ。

フライパンで作るチョコバームクーヘンのレシピです。

バームクーヘンとは

バームクーヘン

バームクーヘン(バウムクーヘン)とは、ドイツの伝統的なお菓子です。

バウムが木、クーヘンはケーキを意味しており、直訳すると木のケーキという意味。

その名の通り、中心にドーナツ状の穴があり、断面に樹木の年輪のような円心円状の模様がでているドイツのケーキです。

今回はチョコレートコーティングのバームクーヘンを作ります。


材料

3人前

  • ホットケーキミックス 150g

  • 砂糖 50g

  • バター 30g

  • 卵 1個

  • 牛乳 200ml

  • チョコレート 50g


作り方

調理時間(およそ30分)

  1. 「バター 30g」を電子レンジで温め、溶かす。

  2. 1と「ホットケーキミックス 150g」、「砂糖 50g」、「卵 1個」、「牛乳 200ml」をボールに入れ、混ぜる。

  3. フライパンを中火で熱し、生地を薄く広げて両面を焼く。下面を焼いてる間に、上面に生地を塗り、ひっくり返す。この工程を何度も繰り返す。

  4. 焼き終えたら、お皿に載せ、ラップをかけ、冷ます。

  5. 「チョコレート 50g」を湯煎で溶かし、バームクーヘンの表面に塗る。

  6. チョコが少し固まるまで待ち、その後、好みの大きさにカットし、完成。


コツ

完全にチョコレートが固まると、切りにくく、また、ひび割れやすくなるので、少し固まった所で、バームクーヘンをカットすること。


まとめ

チョコレートコーティングされたバームクーヘンを食べたくなり、調理。

やはり、チョコレートとバームクーヘンは合いますね。

美味しいので、試してみて下さい。



余談:バウムクーヘンについて

中央に穴が開いた円状のお菓子「バウムクーヘン」は、ドイツ発祥の焼き菓子。

やわらかくしっとりとした食感で、普段のおやつからギフト・結婚式の引き出物まで、様々なシチュエーションで人気のお菓子です。

今回は、バウムクーヘンの名前の由来や歴史について解説します。


バウムクーヘンの名前の由来

バウムクーヘンはドイツ発祥のお菓子であり、ドイツ語でバウムは「木」、クーヘンは「お菓子」を意味します。

輪切りにすると木の年輪のような模様が現れるのが特徴で、これが名前の由来にもなっています。


バウムクーヘンの歴史

バウムクーヘンの歴史はかなり古く、紀元前のギリシャまでさかのぼります。

バウムクーヘンの起源については諸説ありますが、その中でも有力なのは紀元前のギリシャに誕生した、木の棒に生地を巻きつけて焼いた「オベリアス」と呼ばれる食べ物があり、これがバウムクーヘンの原型であるという説が一般的です。

なお、その他には中世ポーランドの伝統的なケーキ「シャコティス(別名セカンチュ)」や、クリスマスツリーのような形をしたフランスの伝統菓子「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」が起源だという説もあります。

そして、日本にバウムクーヘンを伝えたのは、洋菓子店の名前としてもおなじみの「ユーハイム」です。

1919年広島で開催された「ドイツ俘虜製作品展覧会」で、ユーハイム創始者であるカール・ユーハイム氏が焼いたものが最初だと言われています。

その後、バウムクーヘンは瞬く間に日本で広まり、現在では普段のお菓子として、結婚式の引き出物としてと、日本人にとって欠かせないお菓子となりました。

木の年輪が長い年月をかけて刻まれるように、バウムクーヘンの最大の特徴である年輪模様に日本人は「長寿」、「繁栄」、「成長」といった意味を見出しました。

日本での贈答品にバウムクーヘンが愛されているのは、こういったおめでたい意味が込められているからなのですね。


バウムクーヘンのカロリー

お菓子を食べるときに気になるのがカロリーです。

特に、バウムクーヘンはどっしりとした重みと、その甘さからカロリーの高さが伺えます。

バウムクーヘンのカロリーは100gあたり400~500kcal。

ちなみに、茶碗1杯のご飯(140g)が235kcal、6枚切りの食パン1枚(60g)が158kcalですので、かなりカロリーの高いお菓子だと言えます。

一般的な大きさのバウムクーヘン(直径約13cm、約250g)を4等分したとしても270kcalあります。

バウムクーヘンの成分は、ほとんどが糖質と脂質なので、美味しいからと言って食べ過ぎないよう注意しましょう。



Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-