ミニチョコバナナのレシピ。コーティング後の乾かし方のコツ等も解説。

ミニチョコバナナのレシピです。

つまるところ、一口サイズのチョコバナナ。

チョコバナナとは

チョコバナナ

チョコバナナとは、バナナにチョコレートをコーティングした、日本生まれの菓子。

今回作るのは、バナナを一口サイズに切ってコーティングしたミニチョコバナナ。


材料

2人前

  • バナナ 1本

  • チョコレート 50g


作り方

調理時間(およそ15分)

  1. 「バナナ 1本」の皮をむき、輪切りにする。

  2. 「チョコレート 50g」を刻んで(もしくは細かく割って)ボールに入れ、電子レンジで約5分、温めて溶かす。

  3. 1のバナナを2のチョコに潜らせ、クッキングペーパー等の上に乗せる。

  4. チョコレートが固まったら、完成。


コツ

カラーシュガーを振りかけると、見た目もきれいで、もっと美味しい。


まとめ

チョコバナナが食べたくなったものの、普通に作ると食べにくいので、一口サイズで調理。

お試しあれ。



「基本のチョコバナナ」のレシピ

屋台で定番のお菓子の一つである「チョコバナナ」。

トッピングをつけたり、チョコの味を変えたりすることで可愛さが倍増しますよね。

そんなチョコバナナですが、家庭で再現可能です。

コーティングのコツをおさえれば、誰でも簡単にできます。

ぜひチャレンジしてみてください。


「基本のチョコバナナ」の材料

4人前

  • バナナ 2本

  • チョコレート 70g

  • トッピング(お好みで) 適量


「基本のチョコバナナ」の作り方

調理時間(およそ15分)

  1. 「バナナ 2本」を半分に切り、串にさします。

  2. 1を冷蔵庫で冷やします。

  3. 「チョコレート 70g」を湯煎にかけます。湯煎に使う水の温度は50℃をキープし、湯煎にかけながら、温度を保つように注意しましょう。

  4. 「チョコレート」がすべて溶けたところで、温度を計ります。チョコの温度が35℃を超えてしまうとうまく固まらないので、湯煎から下ろし、32℃まで温度を下げましょう。  

  5. 2の「バナナ」を冷蔵庫から取り出し、チョコレートを大きめのスプーンですくい、一気にかけ流します。チョコがまんべんなく流れるように、回しながら素早くコーティングしましょう。

  6. チョコのコーティングが完全に固まる前に、すばやく「トッピング」をつけて乾かし、完成。


チョコレートの扱い方の注意点

チョコレートは、カカオマス、カカオバター、砂糖、ミルクパウダー等から出来ています。

28度を超えるとカカオバターが溶け始め、32度を超えると分離が始まりますので、あまり高温で溶かしてしまうと、チョコレートの成分が変わってしまい、折角コーティングが上手くいっても固まりにくくなってしまいます。

その為、温度を上げすぎないことが重要です。

一定の温度に保った上で、ムラが出ないように丁寧に混ぜ合わせておきましょう。

温度管理さえ出来ていれば、市販のチョコレートでも十分おいしく作れますよ。


コーティング後の乾かし方のコツ

乾かし方のコツですが、屋台で頬張った時のことを思い出してみてください。

ある程度のやわらかさを保った状態で売られていますね。

そういった状態にする為には、団扇で扇いだり、小型の扇風機を使って全体的に送風していきます。

約1分~2分扇ぎ、表面が大方乾いている状態になったら、自然に固まるのを待ちましょう。

送風しすぎると、表面の温度が下がって固まりすぎてしまい、食感を楽しむことができないので注意が必要です。

手軽にできる乾かし方は、発砲スチロールを使った方法です。

表面の厚さ10cm程の発砲スチロールを用意して、そこに串を刺し、乾かします。

そのままホームパーティやイベントで使えるので一石二鳥で、オススメです。




-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-