牛乳と板チョコで作る「生チョコ」のレシピ。おすすめの製菓用チョコレートも紹介

牛乳と板チョコで作る「生チョコ」のレシピです。

生クリームを使わずに作れますよ。

生チョコとは

生チョコ

生チョコレートは、チョコレート生地に生クリームや洋酒を練り込み、柔らかい食感をつくり出したもののことを言います。

通常のチョコレートの場合、水分量が3%以下のため固いですが、一方、生チョコレートは柔らかいです。

形としては石畳チョコなどが一般的で、板チョコなどに比べて繊細であり、賞味期限が短く、形も崩れやすいという特徴があります。


材料

3人前

  • 板チョコレート 50g

  • 牛乳 大さじ1

  • ココアパウダー 大さじ1~2


作り方

調理時間(およそ15分)

  1. 小さいタッパー等にラップを敷いておきます。

  2. 「板チョコレート 50g」を細かく割り、ボウルに入れ、湯せんで溶かす。

  3. 「牛乳 大さじ1」を小さい容器に入れてラップをして電子レンジで10秒程加熱し、2に入れてよく混ぜます。

  4. 1の容器に流し入れてラップをし、冷蔵庫で冷やし固める。

  5. 固まったら、温めた包丁で好きな大きさに切り、「ココアパウダー 大さじ1~2」をまぶし、完成です。


コツ

作り方2のチョコレートを湯せんで溶かすところは、電子レンジでも大丈夫です。


まとめ

生チョコを食べたくなったものの、生クリームがなく、牛乳で代用しました。

チョコレートと牛乳を温めて混ぜて、冷蔵庫で固めるだけなので簡単に作れます。

普段のおやつだけでなく、バレンタインのチョコにもオススメです。



製菓用チョコレート(クーベルチュールチョコレート)とは?

チョコレートを使ったスイーツを作る際に欠かせない「製菓用チョコレート」ですが、「クーベルチュールチョコレート」という名前でお店に並んでいることもあります。

「クーベルチュールチョコレート」は主に製菓用に使用されるカカオの風味が強いチョコレートで、お菓子作りが好きな方・バレンタインで手作りした経験のある方は、よくご存知かもしれません。

クーベルチュールチョコレートは製菓用チョコレートの種類のひとつであり、その分類は国際規格で定められており、以下の通りになります。

  • カカオバターが31%以上、カカオマスは2.5%以上含まれている
  • 総カカオ分の合計が35%以上

ただし、これはあくまでも国際規格・海外の基準ですので、日本で販売されているクーベルチュールチョコレートは条件を満たしていないこともあります。

ちなみに、「クーベルチュール」という言葉はフランス語から来ており、フランス語では「couverture(クヴェルチュール)」と記され、「毛布」・「覆われた」といった意味です。

つまり、クーベルチュールチョコレートとは、「覆うためのチョコレート」と直訳する事が出来ます。

一般的な板チョコレートとの最大の違いは、そのカカオバターの含有率の高さであり、油脂の含有率が高い為、溶かすとサラサラになります。

流動性が高いので扱いやすく、薄くコーティングをする事が出来る為、「クーベルチュール」チョコレートという名前になっているのです。

その為、なめらかな口どけの高級感あるお菓子を作りたい、という方には非常にオススメです。

なお、そのまま食べるタイプも販売されています。

ここでは、オススメの製菓用チョコレート(クーベルチュールチョコレート)を紹介したいと思います。


おすすめの製菓用チョコレート


フェーブ カラク(ヴァローナ)

1922年以来、カカオにこだわり続けたフランスのチョコレートメーカ「ヴァローナ」のチョコレートです。

ナッツのような香ばしさ・ほろ苦いカカオの風味のバランスが絶妙で、非常に人気の高いチョコレートになります。

生菓子・焼き菓子を問わず使える万能タイプ。

楕円形の独特な形をし、最も溶けにくい中心部を薄くしている為、チョコレートを均一に溶かしやすく、削る手間がかかりません。

使いやすい量の製菓用クーベルチュールで、お菓子作りには勿論ですが、そのまま食べても美味しい為、そのまま食べるのもオススメです。

1kgというと多く感じますが、実際にお菓子作りに使用したり、そのまま食べたりしていると、思いの外、減っていきますよ。


スペリオール エクアトゥール(大東カカオ)

日本で初めてカカオ豆を原料とした製品作りの製造ラインを作った「大東カカオ」のチョコレートです。

エクアドル産のカカオを主体にして作られており、香料を一切使用していない為、カカオのピュアな香りを感じられる魅力的な一品。

苦味と甘みのバランスも絶妙で、ビターすぎずクセも少ない為、食べやすいです。

そのまま食べている方も多いようで、お子様でも食べやすいと思います。

おやつとしてもオススメですよ。

勿論、製菓材料としても使用しやすく、ドリンクに入れても大丈夫です。

アレンジの幅が広い商品になります。


クーベルチュール ビターチョコレート(ベリーズ)

老舗の製菓材料店がこだわり抜いて作り上げた高品質のクーベルチュールチョコレート。

ガーナ産のカカオ豆と天然バニラで作られたチョコレートで、香りとカカオ感のバランスが良いです。

製菓用に使用する際、他の材料とも合わせやすく、様々なお菓子作りに使用できる汎用性の高さが魅力的。


クーベルチュールチョコレート ミルク(プティパ)

マイルド風味のチップ状のクーベルチュールチョコレート。

約10mmという小さいサイズ・溶けやすさも特徴ですので、溶かして使うだけでなく、クッキー等の焼き菓子に混ぜたり、ガトーショコラに使用したりといった製菓用にも向いています。

トッピングに使うのも良いですね。

1kg単位で大容量のものが多いクーベルチュールチョコレートとしては珍しく、「小さめの粒状タイプ」かつ「200g」という少量で購入可能なのが特徴です。

値段が安く量も少ないので、大容量だと使い切れないという初心者の方にもオススメです。


アリバ 72% 1kg チョコレート 高カカオ(きくや)

濃厚で香り高いイタリア産のクーベルチュールチョコレートです。

ビターな味わいが特徴的で、カカオ分は72%と高め。

イタリア産アリバ種の高カカオが特徴で、甘いチョコレートが苦手な人でも楽しめる、濃厚なビターチョコレートになります。

ただし、苦みはそこまで強くなく、「市販のブラックチョコレートより少し苦め」という位で、72%というカカオ濃度の割には甘みもあり、比較的とっつきやすいチョコレートとも言えるでしょう。

1kgと大容量ですのでお菓子作りにも使用可能ですが、1粒が小さめな為、おやつにもピッタリです。


AMER72 カカオ分72%(パイオニア企画)

製パン・製菓材料販売店の「パイオニア企画」で販売されているチョコレートです。

「ドミニカ」、「ガーナ」、「エクアドル」の3か国のカカオ豆を配合し、甘酸っぱい果実の風味・カカオ独特の苦味が調和した味わいが特徴。


関連記事


Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-