パンの耳で作る、揚げパン風スティックのレシピ

パンの耳で作る、揚げパン風スティックのレシピです。

揚げパンとは

揚げパン

揚げパンとは、コッペパン等を油で揚げて、砂糖や黄な粉をまぶしたもの。


材料

3人前

  • 食パンの耳 16本

  • きな粉 大さじ6

  • グラニュー糖 大さじ3


作り方

調理時間(およそ15分)

  1. 「パンの耳 16本」を適当な大きさに切る。

  2. フライパンに5mm程の高さまで油をしき、180度に熱して、「パンの耳」を揚げる。

  3. ビニール袋を用意。「きな粉 大さじ6」、「グラニュー糖 大さじ3」を入れ、袋を振って、混ぜる。

  4. 3に、揚げた「パンの耳」を入れ、シャカシャカ振る。

  5. 袋から、取り出し、完成。


コツ

作り方1
表面をカリッとしたい場合、時々裏返しながら、焦げないようにしっかり揚げましょう。

作り方3
甘さの好みに応じて、きな粉・グラニュー糖の分量は調整を。


まとめ

おやつとして調理しました。

カリッとしていて美味しいです。

是非、お試しください。



余談:揚げパンの歴史について

「揚げパン」とは、コッペパンを油で揚げたパンのことです。

甘くて美味しいですよね。

そんな揚げパンですが、どういった経緯で、いつ頃できたのでしょうか。

今回は揚げパンの歴史について解説します。


病気で休んだ子の為に生まれたパン

終戦から9年後の昭和29年。

まだ戦後に生きる子供たちにとって、食の厳しい時代が続いていました。

栄養価の高い食べ物・美味しい食べ物が少なかったのです。

そんな戦後の日本で育ってきた小学生にとって、給食のパンは生きていく為に貴重な栄養源でした。

給食があったことで、救われた命がいくつもあったと思います。

その為、「欠席した子供のためにパンを届けてあげる」というシステムが日常化されていたのです。

しかし、せっかく届けても、給食のコッペパンは乾燥しやすく、すぐにカチカチに固くなってしまいました。

そこで、大田区嶺町小学校の給食担当だった篠原さんは、乾燥対策としてパンを油で揚げるアイデアを思いつきました。

揚げたあと、さらに砂糖をまぶすことで、パンの表面の乾燥を防ぐことができたのです。

これが揚げパンのできたきっかけです。

学校を欠席した子にも美味しいパンを届けたい。

揚げパンはそんな優しい想いから、生まれたパンなのでした。



Share

-Cheering-

ブログランキング・にほんブログ村へ

-Recommend-